湘南鉄道事情 湘南新宿ラインというトラップ

暮らす

前回、湘南を走る鉄道のうちJR東海道線を取り上げる中で、

「湘南新宿ライン」はトラップである

と、簡単に触れた。今回は、その意味するところについて述べる。

湘南新宿ラインとは?

湘南新宿ラインとはJRの路線の一つである。その通行する区間は名前の意味する通り。つまり、

「湘南」エリア と 「新宿」エリア(正確には渋谷等も含むので副都心)

を結ぶので、「湘南新宿ライン」ということになる。
シンプルなネーミングの割に、トラップを構えて、我々の時間を奪うチャンスをうかがっている。

湘南から見る最大の注意点

湘南の東海道線沿線住民が注意すべき最大のポイント、それは、

同じ路線を走っている上野東京ラインと通過ポイントが違う 

ということだ。
住民の方にとっては当たり前だが、これから住もうと考える方のために説明する。

ふつう、〇〇線、と名前が付いたら、その路線専用の線路が走っていると思うだろう。だがこの「湘南新宿ライン」、名前はありながらも、それが存在しない。
実は「東海道線」や「横須賀線」上を運行している。(鉄道について私は詳しくはないが、そういうことで、湘南新宿「線」ではなく、湘南新宿「ライン」と名乗っているのだろうか。)

東海道線を通行する電車は、当たり前だが通常は「東海道線」だ。
湘南から、横浜、川崎を通過し、品川、新橋、東京の都心エリアへと繋がる。

この中に、たまに「湘南新宿ライン」が入ってくる
先ほども述べたように、これは湘南と新宿副都心エリアを結ぶから、湘南~横浜はいいが、そのあとは武蔵小杉を通り、大井町や大崎等を通過して、渋谷、新宿、池袋へと走っていく。図にするとこうである。

アイビスペイント練習中。この白い線はなに?

使いようによっては便利だ。
もし東海道線しか走っていない状況で副都心エリアに行くとなると、品川で一度下車して山手線に乗車する必要がある。
時刻表を確認して、湘南新宿ラインに乗れば、そんな面倒もなくダイレクトアクセスが可能となる。

しかし逆に、時刻表や行先を確認せず、東海道線に乗ったつもりで湘南新宿ラインに乗ってしまうと、渋谷や新宿等の全然違う方向に連れていかれる

もちろん茅ヶ崎から、方向が完全に分かれる横浜駅までに気付けば問題ないが、それでも乗り換えは必要だ。また、乗車後全く気付かずにいて、横浜駅を通過した場合、大きなタイムロスに繋がる

茅ヶ崎に住んでしばらくになる私でさえ、急いでいると間違えて乗ってしまったりする。この誤りを防止するためか、最近、通常の東海道線を上野東京ラインと表示している。

都心から見るさらに複雑なトラップ

先ほど述べたところは、実は初級者編だ。
「上野東京ライン」「湘南新宿ライン」と一応、名前の区別がある。ここを確認する余裕があればトラップは回避できる。
実は、都心から湘南新宿ラインを利用する場合、

同じ「湘南新宿ライン」と名を冠しておきながら、行先が2つに分かれている

ので注意が必要だ。

湘南新宿ラインに都心から乗った場合、とうぜん、湘南エリアに連れて行ってくれると思うだろう。
だが実はこのJR東日本のいう「湘南」が、大船駅を最後に、2方向に分かれている。

1つは私の住む湘南方面。具体的には藤沢駅・辻堂駅・茅ヶ崎駅…と続く。

もう1つが逗子エリア。具体的には鎌倉駅・逗子駅方面だ。

図にするとこうなる。

これはうまくかけたかな…

これも、都心から乗車して大船駅までに気が付けばよいが、それ以降に気付いて電車に乗り直すと大幅なタイムロスとなる。

快速という罠

さらにさらに、湘南新宿ラインには快速電車・特別快速電車というものが存在する。
例えば新川崎駅は普通電車しか止まらなかったり、恵比寿は普通・快速しか止まらなかったりする。厄介極まりない。

トラップ回避の術

このトラップを回避するには、今のところ、ご自身で気を付けていただくほかない。

都心から湘南新宿ラインを利用する際は、

・自分がたどり着きたい駅が、大船駅より先か後か確認
・大船駅より後の場合、行き先をよく確認


してもらいたい。
なお大船駅より前の場合はどちら行きでも止まるのでご安心いただきたい。
さらに、自分の乗ろうとしている電車が普通・快速・特別快速のいずれに該当するか、自分のたどり着きたい駅で停車するかも要確認である。

乗換案内の通りに乗れば基本的には問題ないはずだが、乗るはずの電車をうっかり逃すと、次の電車は行先が異なる場合がある。必ず再度、乗換検索をしてほしい

長くなってしまったが、湘南新宿ラインについてはこれくらいにしておく。
次は、ずいぶん間があいてしまったが、東海道線の混雑回避のワザ(というほどでもないが)をご紹介したい。




コメント

タイトルとURLをコピーしました